メタルジグのカラーって釣果に影響するの?状況に合った選び方を解説

ショアジギング

皆さんは、ショアジギングをする際メタルジグのカラーを意識しながら釣りをしているでしょうか?

私は、青物を釣る場合メタルジグの色が釣果にそれほどまでに影響すると思ったことはありません。

ある日、釣りをしていた時のことでした。

大規模な青物の群れが回遊してきたとき、何種類か様々な色を投げてみたことがありましたが・・・

結果、バクバク食ってきました

かんぱ
かんぱ

塗装が剥がれたメタルジグでも釣れました笑

当たってこない状況も確かにあったのですが、色に要因があるというよりメタルジグのサイズや巻くスピードが合っていないとかだと思うんです。

 

ですので、個人的に色に関してはあまり深く考えなくても良いのかなと思ってたりもします。

とは言え、私がメタルジグの色を全く意識していないという訳ではありません。

当たりがなければ、何かしら釣り方を変えなければ青物を釣ることは難しいですからね・・

そこで今回は、

  • 状況によって変わるメタルジグのカラー
  • 魚種によって変わるメタルジグのカラー

2つを解説していきます。

カラーの用途を理解して使い分ければ、渋い状況を覆せる可能性もあると思います。

今まで色について把握されていないという方は、参考にされてください。

環境条件によるメタルジグのカラー

天気や光量

天気や光が射す量によってメタルジグの色を選んでいきます。

天気が快晴のときは、「シルバー系」「イワシ系」など自然な色を使いましょう。

晴れている日は、光が射して視界が良くなります。

赤色やピンク色など派手なカラーでは見切られやすいと考え、本物の魚に近い色を使おうという事なのです。

↑イワシカラーで釣った大きなシーバス。当日はカンカン照りの天気でした。

 

ちなみに当歳魚(その年に生まれた若魚)は好奇心旺盛。

小型狙いなら、天気が良い日でもあえてアピール系のカラーを使うのも良いですね。

また、曇りや雨のような光量が少ないときは「ピンク系」「グロー系」「ゴールド系」の目立つ色を選びます。

↑夕マズメにピンクカラーで釣ったハマチ。

 

かんぱ
かんぱ

ただ、薄暗い朝マズメでも、月夜が水面を照らしている状況であればシルバーなどが効くことも

水の透明度

雨が降った後や、台風が通過した直後は海の水は濁るもの。

濁った海は、視界が悪くなるので「ゴールド系」「グロー系」のような目立つ色がおすすめです。

逆に、水が澄んでいるときは、自然な「イワシ系」「シルバー系」を使うと警戒されることなく食わせやすいと思います。

メタルジグの反射を抑えるカラー

 

メタルジグは、鉛ボディをギラギラと反射させて、青物を誘うことで知られています。

しかし、状況によってはメタルジグ独特の特徴である反射を嫌って、魚が警戒してしまう事も。

そんな時は光の反射が少ない「グロー系」が有効になってきます。

かんぱ
かんぱ

グローカラーは、光の反射が少ない代わりに水中で発光しています。

また、ボディの一部分だけがグローの「ゼブラグロー」も用意しておくと、「オールグロー」に反応しない魚に対応できるかもしれませんね。

↑ゼブラカラーで釣れたヒラゴ。当日は曇り空でローライトな状況でした。

 

上記をまとめると・・

  • シルバー系:朝マズメの勝負どころ、快晴や水がクリアなとき
  • イワシ系:快晴、水がクリア
  • ゴールド系:海が濁っているとき、薄暗いマズメ
  • グロー系:薄暗いマズメ、メタルジグの反射を嫌がるとき
かんぱ
かんぱ

青物狙いは、「シルバー系」「グロー系」は使う機会が多くおすすめ!

根魚狙いのメタルジグのカラー

青物に関しては、メタルジグの色を深くは考えていません。

しかし、ヒラメ、マゴチ、根魚などは色による影響は大きいです。

根魚でいうと「ピンク系」、「ゴールド系」、「ゼブラ系」などに反応することが多いように感じました。

カサゴやハタ類は小魚以外にも甲殻類や管虫類(ゴカイ)を捕食します。

主に小魚を偏食しているときは「シルバー系」、甲殻類や管虫類に偏っている時は「アカキン」「レッドゼブラ」のカラーに好反応を示してくれました。

かんぱ
かんぱ

底物を釣るときはカニ、エビ、ゴカイ類を偏食している場合も視野に入れて「ゴールド系」「ゼブラ系」は用意しておきましょう。

↑レッドゼブラで釣ったアコウ(キジハタ)。岸際で食ってきました。

↑ゼブラグローで釣ったタチウオ。陽が落ちかける暗いタイミングで釣れました。

色に敏感なタチウオ。タチウオ専門で釣りをする場合、普段以上にメタルジグのカラーは用意した方が釣果に恵まれます。

↑釣り上げた後、口からシャコのような餌を吐き出しました。

甲殻類を捕食している時は、ゴールド系、ゼブラ系などが効きます。

まとめ:メタルジグのカラーは3色以上は用意しよう

色々説明してきましたが、青物狙いでカラーはそれほど深くは考えなくても良いように思います。

ショアジギングをしていて食い渋るような状況では、まずはアクションを調整したり、ジグの重さを変化させたりする方が重要です。

それでも反応が無ければ、色を頻繁に変えていきましょう。

また、無尽蔵に色が必要という訳ではありませんが、最低でも3色は欲しいところ。

似たような色で固めるのではなく「シルバー」「グロー」「ゴールド」の系統を用意して色を選んでみてくださいね。

特化&汎用性の高いおすすめメタルジグ5選!選び方をカンタン解説
青物を釣るルアーにはダイビングペンシルやポッパー、メタルバイブなど様々な物があります。 しかし、一番代表的な青物ルアーといえばメタルジグですよね。 そんなメタルジグですが、数ある種類の中でどのような物が良いのかあるいは、釣れやす...

 

コメント