メタルジグでシーバスを釣りたいあなたへ!ヒット率を劇的に上げる釣り方!

ショアジギング

メタルジグでシーバスって釣れるの?

という方に向けて、

  • メタルジグを使ったライトショアジギングでのシーバスの釣り方
  • シーバスを釣るのにぴったりのメタルジグ

を解説していきます。

自身はライトショアジギングを始めて2~3年までは、ほとんどシーバスを釣ったことはありませんでした。

ところがある時、シーバスが爆釣したのをきっかけに釣り方を見直してみました。

すると、以前よりもシーバスが釣れる数が明らかに増えたのです。

今まで、シーバスをメタルジグで釣ったことがないという方は、ヒット率は確実にUPしますので見て損はないと思います。

是非、最後までご覧ください!

メタルジグでシーバスを狙う場所

シーバスは回遊魚ですが、「居着き型「回遊型」の2種類に分けることができます。

「居着き型」とは、橋脚周りや岩影などのストラクチャーに住み着いているシーバス

かんぱ
かんぱ

↑居着きのシーバスは、日焼けしていたり(全体的に黒い)、ヒレや鱗が傷ついていたりしていることが多いです

 

「回遊型」とは、イワシなどのベイトを追いかけ続けて、大海原を回遊するシーバスのことです。

かんぱ
かんぱ

↑回遊型は、色がとても綺麗です♪

 

で、メタルジグを遠投してシーバスを釣っていく場合は、基本的に「回遊型」を狙う事になります。

かんぱ
かんぱ

メタルジグをストラクチャー付近に投げ入れるという訳ではありません

回遊型シーバスを狙う場所は・・

  • 潮通しの良いエリア
  • ベイトが接岸している場所

 

通常のショアジギングと同様に潮通しの良い場所を選ぶことが重要です。

尚且つ、ベイトが大量に接岸してきたときは、高確率でシーバスが釣れる印象があります。

ですので、ベイトの有無を確認しながら、釣り場を見て回るとシーバスと接触する機会は増えて来るでしょう。

シーバスをメタルジグで狙いやすい時期は夏

真冬(2月~3月)は難しいかもしれませんが、一応年中釣れるイメージはあります。

4月に大量のイワシと共にシーバスが回遊したり、1月にサワラの群れに混じって大きなシーバスが釣れた経験を何度もしました。

なので、ベイトがいれば時期問わず、シーバスが回遊する可能性は高いでしょう。

しかし、強いて言うなら、夏の時期は連発しやすいように感じています。

活性が高いおかげか、60cmクラスが4~5匹が連発ヒットしたこともあったほどです。

かんぱ
かんぱ

なので、少しでも釣る確率を上げるなら夏の時期がおすすめ!

メタルジグでシーバスを釣るなら中層~ボトム

メタルジグを使う時に狙う層は、ボトム〜中層を攻めましょう。

自身の経験では、シーバスが表層で当たることはほとんどありませんでした。

かんぱ
かんぱ

まあ、普通に表層にベイトを追い詰める場面もあると思いますが・・

 

河口やサーフなどのシーバスゲームでは、表層をプラグ系で探ることが多いかと思います。

しかし、水深の深い堤防では探る層は幅広いです。

特に表層に気配やナブラが立っていなければ、ボトム~中層を丹念に攻めていきましょう。

朝マズメなどの活性が高いタイミングでも、ボトムでヒットすることは多いくらいです。

かんぱ
かんぱ

それだけ、水深が深い場所では、ボトムを探ることが重要ということなのです♪

シーバス狙いに特化したメタルジグのアクション

「ただ巻き」で反応を貰うこともありますし、シャクリ幅が小さな「ワンピッチジャーク」でもアタリは出ます。

反面、青物狙いのようにスライドさせるアクションは、中々ジグを追いかけきることができません。

かんぱ
かんぱ

派手なアクションは控えておいた方が無難でしょう

↑ボトムで付近でヒットしたシーバス。スライドアクションに特化されたジグですが、ヒット時はただ巻きでした

 

しかし、派手なアクションでは食わない聞くと

巻きスピードも遅めの方がいいだろうな

と思われるのではないでしょうか。

ですが、速巻きが食わないという訳ではありません。

たしかに、昼間にメタルジグで釣るシーバスは、ゆっくりとしたワンピッチジャーク食ってくることがほとんど。

日中に速いスピードを演じても、なかなか難しいでしょう。

ところが、朝マズメは速いスピードでも意外とアタリは出るのです。

かんぱ
かんぱ

マズメ時は、速巻きでヒットした割合は高いですね♪

高活性な時は、逆に遅い動きを見切ることも考えられます。

「シーバスは速い動きには食ってこない」という固定概念は捨てて、状況によってスピードの調整をしてあげましょう。

 

かんぱ
かんぱ

ただし、一連の動きのなかで必ず食わせの間を作ること!

今まで釣ってきた経験から、アクションを止めてあげた時のジグのフォールで食いつくことはよくあります。

速巻きにしろワンピッチにしろ、追わせた後に数秒程度で構わないので時折フォールを必ず入れてあげてみて下さい。

かんぱ
かんぱ

アクションの後に、フォールを入れないと食わないと言っても過言ではありません!

↑ボトムから立ち上げて、中層付近でアクションを止めたところでヒットしました

↑朝マズメに、速巻きからワンピッチジャークに変えようとしたところでヒット

当時は青物狙いだったのですが、マズメなら速いスピードでも食いついてきます。

シーバス狙いにおすすめのメタルジグ2選

メタルジグは30g~40gがメインになると思います。

また、「フォールでアタリを取る」のと「イレギュラーなアクション」を使わないという事からリアフックは必須。

シーバスを狙う上では忘れずに用意しておきましょう。

ジグパラショート

メジャークラフト ジグパラ ショート 30g #19(オールグロー) JPS-30

価格:693円
(2021/6/9 14:50時点)
感想(0件)

速巻きからゆっくりなジャークに対応できる無難なメタルジグ。

様々な魚種を釣る事ができ、 当然シーバスもよく釣れるメタルジグです。

ジグパラスロー

【メール便可】メジャークラフト【ジグパラスロー】ライブベイトカラーシリーズ 20g 【メール便配送可能数は8個までです】

価格:643円
(2021/6/9 14:42時点)
感想(0件)

 フォールの沈下速度が遅いのが特徴。

低活性のときは、ほぼフォールで当たります。

日が昇ってシーバスの活性が落ち着いてきたタイミングで投入しましょう。

また、リアフックが「シングル」なので根かかり率も軽減されています。

釣れない時間はショアスローで攻略!特徴や釣り方を解説します!
近年話題のショアスロージギング。 ショアスロー専用のメタルジグを使い、主にフォールを中心にアタリを取っていくショアジギングです。 そんなショアスローですが・・ 普通のショアジギングやライトショアジギング...

まとめ:メタルジグの長所を活かしてシーバスを狙おう!

堤防からライトショアジギングで狙う場合は、シーバスに絞って釣ることは難しいと思います。

しかし、ベイトの接岸条件や時期、アクションなどを考えながら釣りを組み立てると、確実に釣れる確率は高まるでしょう。

青物と同じように小魚となるベイトを追いかけるシーバスは、メタルジグにとても好反応を示します。

メタルジグの長所を活かしてシーバスを釣ってみてください。

コメント