一日中しゃくれる!ショアジギングのしゃくり方やアクションを解説

ショアジギング

ショアジギングのしゃくり方ってどうするの?

かんぱ
かんぱ

こんな悩みにお答えします!

やはり、誰もが一番気になるのはしゃくり方やアクションでしょう。

ショアジギングにおいてシャクリは、釣果に直結する重要な要素になります。

なんとしても、ジャーキングを身に着けて大きな青物を釣りたいですよね。

そこで今回は、

  • ショアジギングの主なしゃくり方、アクション
  • 魚の活性に合わせたしゃくり方、アクション

を中心に解説していきます。

慣れれば、意識せずともスムーズに操作できるようになるので、是非コツを掴んでください!

ショアジギングの4つのしゃくり方やアクション

ショアジギングの操作方法は主に4つあります。

ただ巻き

ただ巻くだけです。

かんぱ
かんぱ

リトリーブとも言います

ショアジギングはしゃくるイメージが強いので、

ただ巻くだけでは釣れないだろう

と考える方もいると思います。

しかし、高活性の魚は巻くだけで釣れてしまうのです。

かんぱ
かんぱ

自身が数々釣ってきた青物の内、半数くらいはただ巻きで釣れました

疲れにくいアクションでもあるので、活躍する場面は多いですよ。

ワンピッチジャーク

ロッドを1回しゃくって、リールを1回巻きます。

かんぱ
かんぱ

使う機会は多いので、是非マスターしましょう

ワンピッチジャークで重要なのはシャクリ幅!

ロッドの振り幅が大きいほど糸ふけ量が多く、メタルジグがスライドしやすいです。

また、振り幅が小さいほど糸ふけ量が少なく、スライド幅は小さくなります

かんぱ
かんぱ

魚の活性に合わせて、2種類のワンピッチを使い分けましょう

↓ワンピッチジャークの解説からスタートします。

沼田純一が解説する ショアジギング基礎講座

ジャカジャカ巻き

魚が逃げ惑うような動きをします。

リズムを上げるほど、派手なアピールが可能なのでスムーズにできるようにしましょう。

水中では、ジグがジグザグに動きながらアピールしてくれています。

かんぱ
かんぱ

極力、糸ふけが出ないようにするのがポイント

↓ジャカ巻きの解説からスタートします。

沼田純一が解説する ショアジギング基礎講座

フォール

メタルジグが水中でヒラヒラと落ちていく時も、魚が食ってくるチャンスがあります。

活性が落ちた青物には特に有効です。

メタルジグを沈めている最中も、気を抜かないように気を付けましょう。

ショアジギングのしゃくり方やアクションの応用

一連のしゃくり方やアクションができるようになったら、4つを織り交ぜてみましょう

一定のスピードや操作方法でも青物を釣る事は出来ます。

しかし、その日のコンディションでは、一定の動きを見切ってしまう場面も必ず存在するのです。

例えば、

  • 早巻き → ワンピッチ
  • ワンピッチロング → ワンピッチショート
  • 遅めのワンピッチ → ジャカ巻き

など、狡猾な青物にも対応できるようにするには、緩急を付けたコンビネーションが要求されます。

かんぱ
かんぱ

イレギュラーな動きの中でも必ず食わせる間を入れてあげましょう

低活性な魚に有効なショアジギングのしゃくり方

巷では、青物は遅い動きを見切ってしまうと言われています。

なので、早い動きにしか反応しないと思っている方も多いのではないでしょうか。

かんぱ
かんぱ

自身も活性が高い個体は、動きが遅いルアーを無視しているなぁと感じています。

かと言って、常に早い動きはNG!

青物も活性が落ちた個体は、遅い動きが効くのです。

魚が速い動きに追いかけきれていないと感じたら、時にはスローアクションで誘うのも良いでしょう。

また、ロッドを1回しゃくって、リールを半回転させるハーフピッチジャークも有効です。

ワンピッチジャークに比べ、メタルジグの移動距離が小さくなるので食わせやすくなります。

かんぱ
かんぱ

スライド幅が大きな動きも同様に、追いかけきれない傾向にあります

ショアジギングの疲れないしゃくり方

疲れないしゃくり方をするには、糸ふけを作る事で解決します。

疲れてしまうのは、糸ふけを全て回収しきっている状態で、しゃくっているからです。

 

かんぱ
かんぱ

例えば、シャクリ幅が小さい時にリールを一回転させます

すると、糸フケ量が少ないのに、それを巻き取りすぎているので、常にテンションがかかった状態になり体に負荷がかかってしまうのです。

シャクリ幅が小さい時は、リールを一回転→半回転にさせるなど、糸フケを作ってやる工夫が必要になります。

シャクリ幅とリールの巻く量のバランスを調整して、軽快なワンピッチを身につけましょう。

まとめ:4つのしゃくり方、アクションを駆使してショアジギングを楽しもう!

ワンピッチやジャカ巻きは、最初こそ難しいと思われるかもしれません。

ですので、まずは「ただ巻き」「フォール」を中心に使うといいと思います。

スピードの強弱や食わせの間を作ることができれば、青物を釣る事は可能です。

しかし、ショアジギングは同じアプローチ使って釣れ続くほど、甘くはありません。

4つのしゃくり方やアクションを織り交ぜて、様々な状況に対応できるようにしましょう。

コメント