「ショアジギングで釣れない人」の6の特徴を年中青物を釣る私が解説

ショアジギング

ショアジギングって釣れないじゃん!

かんぱ
かんぱ

こんな悩みにお答えします。

ショアジギングで大きな青物を釣り上げるのは、そう簡単ではありません。

特に初心者は、魚が釣れなくてショアジギングの面白さを知る前に、投げ出してしまう方もいるのではないでしょうか。

しかし、釣り方を工夫したり、状況を分析することで釣る確率を引き上げることは可能です。

そこで今回は、

  • ショアジギングで釣れない人の特徴
  • ショアジギングで釣れる確率を上げる方法

の2つを紹介します。

自身は、釣り方を工夫してからは、釣果が伸びたと実感しています。

かんぱ
かんぱ

周りで誰もアタリが無い状況で、複数匹の青物を釣った経験もあります。

是非、参考にしてみてください。

ショアジギングで釣れない人の特徴1:時合に釣りをしていない

魚には、餌を捕食するタイミングである時合が存在します。

なので、捕食するタイミングを意識せずに、釣りをしていても釣果に恵まれません。

かんぱ
かんぱ

じゃあ、どのタイミングで釣りをするの?

と思われるかもしれません。

一番代表的な時合は「朝マズメ」「夕マズメ」です。

まずは、薄暗い早朝や日が沈む夕方に釣りをしてみましょう。

 

劇的に釣果が変わる!?釣りやすい時間帯や潮回りを理解し釣果を伸ばす
今回はタイトルの通り 魚が釣りやすい時間帯 潮回り に関して解説していきます。 魚は常に餌を捕食している訳ではなく、時間帯や潮の動きによって変化します。 一日中、神経を集中させて釣りに取り組むの...

ショアジギングで釣れない人の特徴2:場所が悪い

青物を釣るとなると、場所選びは相当重要です。

青物を釣るのに最適な場所の条件は主に4つあります。

  • 潮通しの良いエリア
  • 水深は最低5m以上
  • 餌となる小魚が回遊しているか
  • ボトムが完全な砂地では無く、所々にでもシモリがあるエリア

まずは上記4つを意識して場所を探してみましょう。

闇雲に選んだ場所よりも、よっぽど青物が回遊してくる確率は高まります。

とは言え、全ての条件が一致するのは中々難しいと思います。

かんぱ
かんぱ

なので、最低でも2~3個が当てはまる場所を選んでみてくださいね

ショアジギングで釣れない人の特徴3:同じ事を繰り返している

ショアジギングでは、青物の回遊をひたすら待ち続けるという状況はしばしばあります。

クロダイや根魚、居着のシーバスとは違い、青物は大海原を泳ぐ回遊魚です。

必然的に、回遊を待つ釣り方になるのも仕方ありません。

しかし、だからと言って、

青物が釣れないのは回遊が無いからだ!

ショアジギングってほとんど運でしょ?

・・・と思って、青物が釣れるまでダラダラ同じことを繰り返していませんか?笑

確かに状況によっては回遊を待たなければならない場面もあるでしょう。

ですが、自身は確実に魚がいるオフショア(船からのジギング)で一匹も釣れなかった経験を何度かしたことがあります。

かんぱ
かんぱ

つまり、青物はルアーが届く範囲に回遊していても釣れるとは限らないのです。

ルアーを見切ってしまう場合は、

  • アクションを変えてみる
  • ルアーのサイズ、重さ、色を変えてみる
  • タックルをライトに変えてみる
  • 攻めるレンジをボトムに絞る

・・など調整のやり具合はいくらでもあると思います。

回遊を待ちつつも試行錯誤を重ねながら、釣り方を工夫してみましょう。

メタルジグのカラーって釣果に影響するの?状況に合った選び方を解説
皆さんは、ショアジギングをする際メタルジグのカラーを意識しながら釣りをしているでしょうか? 私は、青物を釣る場合メタルジグの色が釣果にそれほどまでに影響すると思ったことはありません。 ある日、釣りをしていた時のことでした。 ...
【ショアジギング】おすすめのPEライン3選&号数の判断基準!
ショアジギングをするのに必須のPEライン。 そんなPEラインですが、色々な種類や太さ(号数)があるので、何を選べば良いか悩まされるのではないでしょうか? 分からないからと言って、適当なラインや号数を選んでしまうと釣りをしていて煩...

ショアジギングで釣れない人の特徴4:情報不足

青物を狙う際は、直近の釣果情報も意識しましょう。

やはり、直近で釣れた場所は群れが付近を回遊しているので、釣れる可能性が高いです。

かんぱ
かんぱ

どれだけ釣り方を工夫しても、射程圏内に青物がいなければ釣る事はできませんからね

釣り具屋や仲間内で情報を仕入れたり、共有し合うのも良いですね。

ショアジギングで釣れない人の特徴5:時期が悪い

ショアジギングは、一応年中楽しめる釣りです。

しかし、地域にもよりますがメインシーズンは、夏~秋がベスト。

かんぱ
かんぱ

真冬や春先は、沿岸付近を回遊してくることは少ないです

メインシーズン以外で釣りをする場合は、「釣れなくて当然」という気持ちで臨むのが良いかと思います。

かんぱ
かんぱ

ショアジギングが厳しい時期は、他の釣りを楽しむのも良いですね笑

 

ショアジギングが楽しめる時期は?季節ごとに釣れる魚とその戦略を解説
1年を通して遊べると大人気のショアジギング。 そんなショアジギングで釣果が上がりやすい時期がいつなのかご存じでしょうか? 結論から言うと夏~秋のシーズンです。 ショアジギングに限らず大半の釣りは特に秋に釣れやすくなります。...

ショアジギングで釣れない人の特徴6:頻繁に場所を変えている

釣れない場所を見切って移動するのは、一つの戦略です。

ですが、頻繁にあちこち釣り場を変えるのは、かえって効率が悪くなります

腰を据えて釣りをする方が、結果的には釣果が伸びるというのが私の意見です。

個人的に場所を変える回数は、一日に一回までです。

また、自身が釣り場を変える際には、魚が釣れづらい潮止まりに移動するようにしています。

かんぱ
かんぱ

魚が食ってきやすい時に、場所移動で時間を費やすのは勿体ないです

チャンスがある時合は避けて、効率の良い釣りをしましょう。

まとめ:釣れない原因を見つけて青物を釣ろう

釣れない原因を探すことで、今まで反応がなかった魚を釣る事ができるかもしれません。

今まで、ただ単にショアジギングをしてきた人は、「時合」「攻め方」「情報」「場所」を意識すると全く釣果は変わります。

「魚が釣れないのは、回遊が無いから・・」と思うのではなく、常に魚がルアーを追いかけている事を想像しながら釣りをしましょう。

そうすれば、確実にショアジギングで釣れる可能性は上がります。

コメント