選び方が分からない人必見!ショアジギングのリーダー選びや結び方を解説

ショアジギング

リーダーとは、PEラインと中間に結ぶラインのこと。

リーダーが必要とされるのは、PEラインが擦れて、切れてしまうのを防ぐためです。

そんなルアーゲームに必須のリーダーですが、ショアジギングで使用するリーダーはどのように選べば良いか、悩む人もいるのではないでしょうか。

そこで今回は

  • ショアジギングで使うリーダーの選び方
  • PEラインとリーダーの結び方

を詳しく解説していきます。

ショアジギングのリーダーの太さ

ショアジギングのリーダーの太さは使うPEラインの号数によって変わってきます。

  • PE0.6号 → 12LB(ポンド)
  • PE0.8号 → 16LB(ポンド)
  • PE1号 → 20LB(ポンド)
  • PE1.5号 → 30LB(ポンド)
  • PE2号 → 40LB(ポンド)
  • PE3号 → 60LB(ポンド)
  • PE4号 → 80LB(ポンド)

上記は自身が使う組み合わせです。

人によっては前後するかもしれません。

ですが、迷った時は上記の組み合わせにしてもらって間違いありません。

ショアジギングで使うリーダーの素材

リーダーの素材は、選択肢として「フロロカーボン」「ナイロン」の2つが挙げられます。

2つの特徴は以下の通りです。

フロロカーボン

  • 根ズレに非常に強い
  • 的確にメタルジグを操作できる
  • 素材が硬めなのでトラブルが多い
  • バラシが多い

 

ナイロン

  • バラシ少なめ
  • トラブルが少なめ
  • 根ズレの強度はフロロカーボンに劣る

 

扱いやすいのは、ナイロンだと思います。

慣れていない人には、ナイロンの方がおすすめです。

かんぱ
かんぱ

ナイロンはライントラブルが少なく、ストレスなく楽しめます

しかし、ショアジギングは水中を攻めていく釣り。

基本的には、根ズレ強度が強いフロロカーボンを使うのが定番です。

かんぱ
かんぱ

フロロは根ズレに強いので、安心して釣りができます

 

また、100ポンドを超えるような太いフロロカーボンを使うときは、ライントラブルが多くなってしまいます。

ですので、太めのリーダーを使う時は、あえてナイロンラインを選ぶのもアリです。

かんぱ
かんぱ

ナイロンならライントラブルを減らすことができます

しかも100ポンドクラスの太さであれば、ナイロンでもかなりの強度を誇ります

状況によって使い分けて、快適な釣りをしましょう。

ショアジギングで使うリーダーの長さ

私の場合は、下記の通り使い分けています。

  • 堤防やサーフなど障害物が少ない場所 → 1ヒロ(約1.5m)
  • 磯場など障害物が多い場所 → 2ヒロ(約3m)

ちなみに1ヒロとは、両手を左右に広げた時の長さです。

ですので、人によって1ヒロの長さは変わってきます。

かんぱ
かんぱ

まあ、大体1.5m前後になると思います

 

リーダーの長さはそれぞれ人によって好みがあり、一概には言えません

自身の場合、リーダーの長さはどれだけ長くしても2ヒロまでにしています。

理由は、今までに根ズレの可能性がある磯場で釣りをしていて、2ヒロで十分対応できていたからです。

かんぱ
かんぱ

なので個人的には、根が荒い場所でも、2ヒロで大丈夫かと思っています

 

ちなみに、結び目をガイドの中に入れてキャストする場合、スペーサーリーダーを使うのがおすすめ!

 

リーダーを長くしたり、ルアーを投げる際に垂らしを長く取れなかったりするときは、どうしてもガイドの中に結び目が入ってしまいます。

結び目をガイドに入れて投げるとライントラブルが多発し、とても煩わしいです。

特に太いラインシステムを組んでいる時は、顕著に目立ちます。

かんぱ
かんぱ

そういった時にスペーサーリーダーを活用しましょう!

 

かんぱ
かんぱ

写真は、不要のライン同士で結んでいるので毛羽立っていますが・・笑

スペーサーリーダーはPEライン使用します。

メインラインとリーダーの間にセッティングしましょう。

号数はメインラインの倍を目安に決めていきます。

かんぱ
かんぱ

例えば、メインラインがPE3号ならスペーサーリーダーはPE6号となります。

ショアジギングでのメインラインとリーダーの結び方

自身は、ショアジギングでの結束方法は、もっぱらFGノットを使います。

是非、練習してマスターしましょう。

[初心者オススメ] 素早く簡単最強ノット!【堀田式FGノット】※公式最新版
かんぱ
かんぱ

一応30秒程度で結べる電車結びでも、青物を釣ったことはあります

しかし、強引なやり取りをする場所は電車結びでは敵いません。

いずれにしてもFGノットは覚えておきましょう。

太いラインを結ぶときは、器具なしではキャスト時に、すっぽ抜けることが多いです。

ラインブレーカーなどの器具を使って締め込みをしましょう。

【新品】 KAMIWAZA デュアル PE ステック シルバー カミワザ ラインブレーカー

価格:4,656円
(2021/4/26 22:07時点)
感想(0件)

まとめ:ショアジギングのリーダーは自分に合ったものを探そう

リーダー選びはショアジギングにおいて、とても重要だといえます。

太さも大事ですが、リーダーの素材選び、長さを決めるのも非常に奥が深いです。

自分にあったリーダーの素材や長さを状況に合わせて使い、釣りの幅を広げていきましょう。

コメント