夜でもショアジギングはできる?ナイトゲームで青物を釣るコツを解説!

ショアジギング

早朝~夕方にかけて釣りをするイメージが強いショアジギング。

日中にする釣りなので、夜釣りには向かないだろう思われる方もいるのではないでしょうか。

かんぱ
かんぱ

メタルジグの反射が有効に働かないので、夜釣りはムリだと思う人もいるでしょう

しかし、ショアジギングは夜間でも魚を釣る事が可能です!

こんなこと言うと、

夜釣りで釣れるって・・カサゴとかシーバスでしょ?

と思われるかもしれませんが、ご安心を。

夜でも青物は釣れます!

今回は、

  • 夜間でのショアジギングの攻略法

について解説していきます。

何度か暗い中で、メタルジグを使って釣りをした経験から感じたことをお伝えします。

是非参考にしてくださいね。

夜でもショアジギングで青物が釣れる条件

巷に夜間は青物が釣れないと言われている理由は・・

青物が沖の深い場所まで移動するので、ルアーが届かないから

夜は目が見えないから

などと言われています。

ですが、日中とは違う条件になると、青物が釣れる能性が出てきます。

 

その条件とは、日が暮れて夜になると日中とは違った別のベイトが動き出すこと。

例えば日中、沖にいたベイトが沿岸部に接岸したり、水深の深い層にいた小魚が表層に上擦ったりなどです。

このように、日中に回遊していたベイトが入れ替わると夜でも青物が狙えます。

やはり昼間と同様に、夜でもベイトの動きを読むのが重要です。

ベイトに左右されますが、逆に言えば条件が整うと青物を狙えるチャンスはあるのです。

夜にショアジギングをする場所

磯場は確かに潮通しが良く、状況の変化によって釣れるチャンスが多い釣り場です。

しかし、磯は足場が悪く、波が押し寄せてきます。

かんぱ
かんぱ

夜間では周囲が見えづらく、なおさら危険を伴います

なので、夜間にショアジギングをする場所は、足場が安定した堤防かサーフをおすすめします。

かんぱ
かんぱ

極力、潮通しが良い堤防やサーフを選びましょう

また、常夜灯が付いているポイントは、青物のエサとなるベイトが集まりやすいです。

そのエサを食べに灯り付近に、捕食者が集まることも考えられます。

なので、常夜灯周りも場所を選ぶ一つのポイントとなるでしょう。

夜でのショアジギングのアクション・しゃくり方

夜間でのアクションは、ゆっくり動かすことを意識してみましょう。

自身が、夜間で青物を釣った時はいずれもスローな動きでした。

日中のようにジャカ巻きや高速巻き、スライドさせるアクションは中々追いかけきれません。

かんぱ
かんぱ

ジグを少し揺らす程度でOK!

移動距離が小さくなるハーフピッチも有効です。

そして時には、しゃくらないで超スローなただ巻きも織り交ぜながら魚の反応を窺いましょう。

また、夜はフォールの時間を長く取ることが重要です。

夜間の場合、しゃくっている最中ではなくフォール中にアタる場合がほとんど。

通常のショアジギングでも食わせの間を与えることが大事です。

しかし、夜は日中以上に食わせの間に気を使わなければなりません。

夜のショアジギングで使うメタルジグ

夜に使うメタルジグの特徴を見ていきましょう。

メタルジグの重さ

できるだけ軽いメタルジグを使います。

重いメタルジグだとフォールのスピードが速くなってしまいがちです。

夜はフォールで食わせたいので、速く沈んでいくのを抑える為に、極力軽いジグを使いましょう。

かんぱ
かんぱ

ショアスロー専用のメタルジグを使うのもアリです♪

具体的には、15g〜40gの間が使いやすいかなと思います。

かんぱ
かんぱ

そもそも堤防やサーフからの釣りなので、軽量なジグは打って付けです!

メタルジグの色

夜間でのメタルジグは目立つ色を使いましょう。

闇夜のときはグロー系をメインに目立たせて食わせます。

グロー系と言っても、

メタルジグの全体がグローカラーでないと食わない

と思われるかもしれません。

ですが、オールグローだと、かえって警戒心を与える事もあります。

ジグを部分的に発行させる事ができる、ゼブラグローが効く場合があるのです!

かんぱ
かんぱ

なので、オールグローとゼブラグローの両方を持っていくのがおすすめ!

 

月夜の日や常夜灯が付いているときは、シルバーやゴールド系を使います。

ある程度、光が射すので日中と同じように反射を利用しながら、自然に食わす事が可能です。

夜だからグローを絶対に使わないといけない、という訳ではありません。

状況によって合う色が変わるので、日中と同様にカラーは多い方が有利です。

夜のショアジギングタックル

障害物少ない堤防やサーフから前提なので、ライトタックルで楽しみましょう。

ロッド

回遊次第ではありますが、それほど遠投しなくてもアタるイメージが強いです。

かんぱ
かんぱ

なので、操作性を重視して短めの9フィートクラスがおすすめ!

手持ちのシーバスロッドでも釣る事ができます。

かんぱ
かんぱ

シーバスロッドであれば、30g前後が投げられれば十分!

●メジャークラフト NEW ソルパラ SPX-942SSJ スーパーライトショアジギング

価格:8,272円
(2021/4/24 22:12時点)
感想(0件)

15~40gまでのジグを投げることができ、長さも9.4フィートと操作性に優れたロッドです。

日中でも活躍するのは間違いないですが、夜で使うにはピッタリ のショアジギングロッド。

ライン

大体PEライン0.8〜1.2号辺りがベスト!

太いラインはジグの動きが悪くなったり、潮に流されやすくなったりします。

夜のショアジギングでは繊細に攻めていきましょう。

また、夜間ではPEラインの色は視認性の良い物を選ぶと見えやすいです。

自身は、日中ではカラードラインを使いますが、夜間ではピンクイエローを使う方がメリットだと感じます。

●メジャークラフト 弾丸ブレイド タチウオゲーム 白 150m 12-18LB (0.6-1号) 【メール便配送可】 【まとめ送料割】

価格:1,089円
(2021/4/24 22:19時点)
感想(1件)

 値段が安めのPEライン。

タチウオ専用だけあって夜釣りにも対応できる視認性の良い色です。

まとめ:工夫次第では夜でもショアジギングで青物を釣る事が可能!

まとめると

  • 条件が揃えば青物を釣る事ができる
  • 夜間は危ないので、足場が安定した堤防やサーフで釣りをする
  • ジグのアクションはゆっくりを意識し、フォールの間も与える
  • 軽量なジグを使う
  • ジグの色は周囲が暗ければグローベース、明かりが水面を照らしているときはシルバー、ゴールド
  • タックルはライトタックルで挑む

夜のショアジギングでも十分に青物を狙う価値はあります。

少なくとも、自身は夜間で何度か青物を釣り上げています。

常識にとらわれず、色々試すと夜でも青物を釣る事ができるでしょう。

コメント