ペンデュラムキャストで100m!ショアジギングで飛距離を出す秘訣!

ショアジギング

ショアジギングでは、飛距離は最大の武器と言っても過言ではありません。

大海原を回遊する青物を狙うには、とにかくルアーを遠くへ飛ばした方が有利になるからです。

かんぱ
かんぱ

気持ち的にも遠投できた方が、スカッとしますよね笑

そこで今回は、

  • 飛距離を出す投げ方
  • 飛距離を伸ばしやすいタックル選び
  • 風が強い時の投げ方

の3つを紹介していきたいと思います。

自身は、3つを意識して投げるようになってから、飛距離が格段に伸びるようになりました。

安定した飛距離を出すことも可能ですので、是非参考にしてみてください。

ペンデュラムキャストの手順

私がペンデュラムキャストをする際に行う3つの手順です。

  1. 投げる前のタラシの長さをリールの位置に(慣れないうちはロッドの第一ガイドの位置でOK)
  2. 振り子の要領で後ろに振りかぶる
  3. ジグが後ろへ行った時、ラインを引掛けている指に最も負荷がかかったタイミングで振り切る

自身は大体70%の力で、毎回80~90mは出すことができています。

全力で振り切ってもほとんど飛距離に大差はないので、楽に投げることを心がけましょう。

かんぱ
かんぱ

投げる時は周囲を確認して安全を確かめてからキャストしてくださいね

 

また、飛距離が落ちる原因として飛行中のジグが回転してしまう事が一番に挙げられます。

ジグを回転させずにスムーズに投げることができれば、自ずと簡単に飛距離は出てくれるものです。

自身の経験では、ロッドを振り切った時に穂先がブレてしまうと、余計な力が掛かり回転しやすいように感じています。

そういう意味でも、無駄な力は入れずにキャストするとスムーズにジグが空を切り裂いて、飛んでいくでしょう。

【ショアジギング】正しいキャスティング方法~広瀬達樹(ヒロセマン)

ペンデュラムキャストが遠投できる理由

ルアーが遠くへ飛んでいく理屈は、ロッドがしなってくれるからです。

ロッドがしなった後、元に戻るときの反発により沖までルアーが飛んでいきます。

かんぱ
かんぱ

これが釣り竿では無く、竹や木の枝だとしならないのでルアーは飛びません

ですので、ペンデュラムキャストをする時は、ロッドをしならせるように意識して投げましょう。

しかし、ただ単純にロッドをしならせることを意識するのではなく、根元から曲げることが重要です。

ロッドの穂先よりも根元から曲げる方がパワーが伝わり、飛距離も出やすいからです。

また、穂先だけがしなるとロッドの破損に繋がります。

ペンデュラムキャストは、根元からロッドをしならせるのに適した投げ方と言えるのです。

強風時のペンデュラムキャスト

 

風が強いと中々投げづらく、飛距離も伸び悩みますよね。

ですが、工夫次第では強風の中でも安定して飛距離を出すことは可能です。

向かい風

向かい風時は、飛んでいくジグの角度を低くするように投げると、比較的飛距離が出やすいです。

ジグの弾道が低くなると風の影響を受けづらく、向かい風を切り裂いていきます。

ジグの弾道が高くなってしまうと風に押し返されてしまうので、角度は低めにキャストする事を意識しましょう。

追い風

後ろから風が吹いている時は、飛距離を伸ばすチャンスです。

飛んでいくジグの角度を斜め上にすると、風に乗って簡単に飛距離が伸びます。

風を利用して飛距離を出すのも良いですね。

かんぱ
かんぱ

普段の時よりも10mくらい飛距離がUPします!

タックルバランスを調整して飛距離を伸ばす

ショアジギングで飛距離を出す秘訣は、何も投げ方だけではありません。

「ロッド」「PEライン」「ジグの重さ」3つのタックルバランスを整える事で、より飛距離が伸びやすくなります。

PEラインは極力細い糸を、ジグはウエイトが重いほど飛距離が伸びるのです。

しかし、だから言って例えば、PEライン1号で100gのメタルジグを投げるのはバランスが悪すぎます。

かんぱ
かんぱ

そもそも投げようと思っても、高切れを起こすと思います

PEライン1号を使うなら30gや40gが一番バランスが良いのです。

ですので、このようにPEラインとジグの重さに合ったバランスが大切になります。

また、ロッドとジグのバランスも飛距離に影響を及ぼします。

最大100gまでのジグが投げられるロッドで40gや60gをキャストしても飛距離はイマイチです。

かんぱ
かんぱ

飛距離を出すためには、キャスト時にロッドを根本からしならせる必要があります

なので、本来100gの重量に耐えられる硬さなので、40gや60gではロッドをしならせるには軽すぎるという事なんです。

基本的には、使用ロッドのMAXウエイトかワンランク落とした重さを使うのがベストでしょう。

かんぱ
かんぱ

例えば、MAX100gのロッドなら使うジグは、100g又はワンランク下の80gが一番飛距離が出やすいです

バリバス PEにシュッ! 100ml

価格:1,386円
(2021/4/26 22:18時点)
感想(4件)

コーティング剤をPEラインに吹きかけると、ライン放出が滑らかなになり、飛距離が伸びます。

かんぱ
かんぱ

ライントラブルを防止することもできます

まとめ:投げまくって体で覚えよう!

ペンデュラムキャストで注意すべきコツは、

  • ロッドを根元からしならせる
  • ロッドを振り切るタイミング
  • ジグの飛行姿勢を安定させる

です。

理屈が分かればあとは練習あるのみ!

練習しまくってペンデュラムキャストをものにしましょう。

また、タックル面ではまず自分がメインで使うジグの重さを決めて、ロッドとラインを選ぶとバランスが取れると思います。

自分に合ったタックルを選んで飛距離を伸ばしていきましょう。

コメント