素人でも数釣りできる!ショアジギングでのサゴシ(サワラ)の釣り方

ショアジギング

ライトショアジギングにおいて人気のターゲットであるサゴシ。

堤防など足場が安定している場所からでも狙うことができ、ルアーへも良く反応してくれます。

なので、初心者でも比較的釣りやすい身近な魚です。

とは言え、シビアな状況では、意外にもルアーを見切ってしまいがち。

試行錯誤を繰り返しながら、どのように食わせるかを考えさせられる場面もあります。

そういう意味では、非常にゲーム性の高い面白い釣りです。

今回は、

  • サゴシ(サワラ)を釣るタックル
  • ショアジギングでのサゴシ(サワラ)の釣り方

を紹介していきます。

基本的な釣り方を押さえることで、1日に10匹以上釣る事も可能です。

是非、参考にしてみてください。

かんぱ
かんぱ

ちなみに、60cmまでの大きさをサゴシ、それ以上をサワラと呼びます

サゴシ(サワラ)釣りのショアジギングタックル

サゴシ向けのタックル

  • ショアジギングロッド:20g~60gまでのジグを投げられるロッド
  • シーバスロッド:40gまでが投げられる竿でも可
  • PEライン:1号~1.5号
  • リーダー:最低フロロ30LB
  • メタルジグ:30g、40gメイン

サゴシは、他の青物に比べて引きは劣り気味です。

ですので、ライトなタックルでも楽しむことができます。

ロッドやリール、PEラインに関しては、通常のライトショアジギングと同じです。

しかし、「リーダー」と「メタルジグに装備するフック」に関しては、他の青物狙いとは少し異なります。

ここでは2つを重点的に説明します。

 

かんぱ
かんぱ

ライトショアジギングのおすすめタックルはこちらをご覧ください。

5本の竿を使い込んだ私が語る、おすすめのライトショアジギングロッド
今回は、タイトルの通りライトショアジギングで使うロッドを紹介していきます。 磯で釣りをするような本格的なショアジギングではないので、それほど強いロッドは不要です。 初心者の方でも手が出やすいような、安めのロッドを挙げているので是...

 

初期費用を抑える!ライトショアジギングにおすすめのリール
軽めのメタルジグを投げて手軽に楽しめるライトショアジギング。 そんなライトショアジギングですが、どのリールを使えば良いか、悩んでいる方もいるのではないでしょうか。 ライトショアジギングは、それほど高いリールに拘らなくても、釣りが...

サゴシ(サワラ)釣りのリーダー

サゴシ(サワラ)は歯がとても鋭く、細いリーダーではあっさり切られてしまいます。

自身が16lbのリーダーで釣りをしている時は、高確率で切られてしまい、釣りにならないほどでした。

かんぱ
かんぱ

5回ほどヒットしたにも関わらず、5回ともサゴシに切られたこともありました笑

どれだけリーダーを太くしても、切られてしまうことはあるでしょう。

ですが、サゴシ(サワラ)を狙う時は、タックルバランスを大幅に崩さない範囲内で、太めのリーダーを使うことをおすすめします。

↑見ての通り鋭い歯。細いリーダーは簡単に切断してしまいます。

 

また、リーダーを切られるのを防止するために、ワイヤーを使うのも一つの手として挙げられます。

しかし、ワイヤーを使うとジグの動きが悪くなり、食いが渋くなりがちです。

なので、自身はリーダーのみでサゴシ・サワラを釣っています。

かんぱ
かんぱ

ワイヤーは朝マズメなど、活性が高いタイミングには有効かもしれませんね

メタルジグにつけるフック

通常のライトショアジギングでは「フロントフック」だけを装備して、「リアフック」は外すイメージがあると思います。

しかし、サゴシ(サワラ)に絞って狙うときは、リアフックをつけましょう。

サゴシ(サワラ)は、餌を後ろから齧るようにして捕食します。

場合によっては、フロントフックだけでは針掛かりしないこともしばしば。

ですので、サゴシの群れの中にメタルジグを通すときは、リアフックを付けることをお忘れなく。

かんぱ
かんぱ

ちなみに、サゴシは口切れしやすいです。ヒット後の合わせは、控えめにしておきましょう

↑リアフックにしっかりとフッキングしています

 

【ショアジギング】メタルジグのフックの選び方は?バラす確率を軽減!
かんぱ 今回はタイトルの通りメタルジグのフックの選び方について解説していきます 本格的なショアジギングやダイソーのメタルジグには、フックがついていない事が多いと思います。 最初からフックが装備さ...

サゴシ(サワラ)が釣りやすい季節

サゴシ(サワラ)は年中狙うことができます。

かんぱ
かんぱ

数を釣りたいなら、の季節がおすすめ!

自身の地域では、3月、4月などの通常ライトショアジギングが難しい季節でも、サゴシが沿岸付近で跳ねている姿を見せてくれます。

かんぱ
かんぱ

ベイトさえ回遊していれば、付近を回遊している可能性は高いです

また、春と冬は60cmを超えるサワラを釣る事もできます。

サワラくらいの大きさになると、サゴシよりも格段に引きも強いので、とても楽しいです。

サゴシ(サワラ)釣りで攻める層

サゴシは大体、表層~中層を遊泳しています。

マズメ時や水面にボイルなどがある場合は、表層を重点的に攻めてみましょう。

そして、活性が落ちてきたと感じたら、徐々にタナを深くして探っていくとサゴシの遊泳するタナにマッチしてくると思います。

また、サゴシは手前よりも沖の方に大きなサイズの個体がいることも。

サワラクラスを狙いたいのであれば、メタルジグを遠投できるとサイズUPが望めます。

サゴシ(サワラ)釣りに有効なアクション

サゴシやサワラは狙った小魚に執着し、獰猛に追いかけます。

故に、早巻きからジャカ巻き、スライドアクションなどのあらゆる動きに反応します。

特にサゴシは好奇心旺盛なので、派手にアピールすることで釣れる傾向が強いです。

かんぱ
かんぱ

ですので、素早いジグの操作で反射的に食わせる事を意識しましょう

 

しかし、あまり派手なアクションをすると、サゴシが変に暴れてしまいリーダーを切られてしまう原因に繋がります。

切られるのを防止するために、ただ巻きを中心に釣りを組み立てるのもアリです。

かんぱ
かんぱ

今まで釣った中では、ジグを大きくスライドさせたり、フォール時に当たったりするサゴシは、リーダーを切ってきやすいと感じています

 

一方で、サゴシ(サワラ)は活性が落ちると、速い動きには追いかけきれません。

普段は、速いスピードで誘うのがセオリーです。

しかし、速めの動きに反応がない時は、ジグをゆっくり動かして、フォールで食わせることを意識しましょう。

ゆっくりワンピッチジャークを繰り返していると、ジグの落ち際で当たることもよくあります。

サゴシ(サワラ)の活性に合わせて、「スピード」や「しゃくり方」を臨機応変に変えてあげてみましょう。

一日中しゃくれる!ショアジギングのしゃくり方やアクションを解説
ショアジギングのしゃくり方ってどうするの? かんぱ こんな悩みにお答えします! やはり、誰もが一番気になるのはしゃくり方やアクションでしょう。 ショアジギン...

まとめ:サゴシ(サワラ)の特性を理解すれば数釣りも可能!

  • タックルはライトでもOK!
  • リーダーは極力太めを
  • ジグは、リアフックを付けるとフッキング率UP!
  • サゴシ(サワラ)は年中狙えるが、特に秋は数釣りが可能
  • 攻めるタナは、表層〜中層
  • 様々なアクションに反応し、速いスピードが有効

サゴシ(サワラ)は、群れで行動する事も多く、大きなサイズが入れ食いする事も珍しくありません。

しかし、サゴシ(サワラ)は、歯がとても鋭く獰猛な魚。

油断していると、思うように釣果を伸ばす事ができません。

比較的釣りやすい回遊魚ではありますが、サゴシ(サワラ)の特性を理解した上で釣りをしてみると、さらに釣果に恵まれるでしょう。

 

コメント