1m超えを仕留めた私が、ショアジギングでのシイラの釣り方を教えます!

ショアジギング

ルアーフィッシングの人気ターゲットで、引きの強さから「万力」とも呼ばれるシイラ。

日本近海では、黒潮の影響を受けるエリアに個体数が多く、群れに当たりやすいです。

そんなシイラですが、今回はショアジギングでの釣り方を解説していきたいと思います。

主に

  • メタルジグで釣る特徴
  • シイラの習性や岸での釣り方

の2つを磯から1mを超えるシイラを釣り上げた私が解説します。

是非、参考にしてみてください。

メタルジグでシイラを釣る2つのメリット

シイラは、一般的にプラグで釣るイメージが強いと思います。

しかし、メタルジグならではのメリットもありますので、ご紹介していきますね♪

遠投出来る

シイラは、どこを回遊しているか分からない回遊魚。

沖でナブラが起きたり、シイラが跳ねる姿が見えれば、メタルジグの遠投が効きます。

かんぱ
かんぱ

メタルジグの飛距離は、ルアーの中でもトップクラス!

しかも、メタルジグをスキッピング(わざと水面からジグを飛び出させて、水飛沫を立てながらアピールする)させる事でプラグのような動かし方も可能です。

かんぱ
かんぱ

遠くにシイラがいる時は、プラグ系よりもメタルジグが優勢に!

プラグで反応しない魚を狙える

シイラを狙う際、大体プラグを使った釣り方で誘う事が多いと思います。

故に、釣り場ではプラグを使う人で溢れかえるので、シイラがスレてしまい、反応しなくなる事も・・

そんな時は、速いスピードでアピールする事が出来るメタルジグが強いです。

かんぱ
かんぱ

遅い動きを見切っているシイラからしたら、ジグの速い動きは新鮮に見えてしまうのでしょう

ショアジギングでシイラ釣りに適した季節・時間帯

シイラをショアジギングで釣るには、おおよそ7月~11月(夏~秋)の季節が向いているでしょう。

シイラは、夏の間にしか釣れないと思われるかもしれませんが、意外にも秋でも釣れるものです。

自身も11月に入ってからシイラを釣った時は、夏にしか回遊しないイメージがあったので、とても驚きました。

かんぱ
かんぱ

しかも、秋は大型のシイラが群れで泳いでいる印象が強いです

 

また、シイラは朝マズメが過ぎて明るくなった直後の時間帯で、ヒットし始めることが多いように感じました。

そこから昼の15時くらいまでは釣れ続くイメージですが、夕方まで時合は持ちません。

なので、15時前後までを目途に釣りを続けるか、やめるかを判断していけば良いかと思います。

かんぱ
かんぱ

夏は、とても暑いので長時間の釣りは危険です。

そういう意味でも、釣り継続するか切り上げるか、良い判断基準になるでしょう。

ちなみに個人的には、秋の早朝など涼しいタイミングで釣りをするのがおすすめ!

かんぱ
かんぱ

秋の方が、大型も来ますしね♪

ショアジギングでシイラが釣りやすい場所

シイラは、基本的に湾奥まで回遊してこないと言われています。

おそらく、湾内に入ってきても潮通しの良いところまでしか入ってきません。

なので、外洋に面した釣り場で狙うのがおすすめです。

かんぱ
かんぱ

地磯なんかは、潮通しが良く大型が来やすいです♪

また、シイラと遭遇する確率を上げるために、渡船を利用するのも一つの手でしょう。

通常の堤防よりも、沖堤防の方が圧倒的に潮通しも良く、ベイトも大きい傾向にあります。

渡船屋の方から回遊情報を聞くこともでき、得られるメリットは大きいです。

 

 

ちなみにシイラには、流木などの漂流物の陰に好んで集まる習性があります。

何もない海をひたすら攻めるより、海面に浮いているゴミ付近をジグで引いてくるとヒットする確率は高いです。

かんぱ
かんぱ

更に、シイラは潮目にも居着く可能性が高いです

潮目の中を水飛沫を立てさせてアピールすると、猛烈にジグを追いかけてきたこともありました。

シイラがゴミや潮目に居着いていれば、確実に反応してくるので、狙い撃ってみましょう。

かんぱ
かんぱ

この個体も水面に浮いていた竹の下に隠れていました。

シイラ釣りで攻める層とアクション

シイラを狙う時は、沈めずに水面直下でジグを引いていきましょう。

シイラが跳ねた付近を早巻きで通すと、ヒットします。

また、シイラは獰猛な性格。

水飛沫を立てると、活性が上がり遠くからでもジャンプしながら追いかけて来ます。

なので、水飛沫を立てさせるように、ジグをわざと水面から飛び出させて引いてくるとトップような感覚で攻めることが可能です。

特に、シイラが着いていそうな、潮目や流木などの漂流物付近でスキッピングさせると効果は絶大でしょう。

かんぱ
かんぱ

逆に言えば、ある程度スキッピングで探って何も反応が無ければ、近くにシイラがいないという証明ですね♪

シイラ釣りのショアジギングタックル

  • 堤防やサーフ
  • ジグウエイト:40g前後
  • PEライン:1.5号前後
  • ダイワリール:3000番前後
  • シマノリール:4000番前後
  • 地磯
  • ジグウエイト:60g〜80g
  • PEライン:2号〜3号
  • ダイワリール:3500番〜4000番
  • シマノリール:5000番〜6000番

シイラは、引きがとても強烈です。

特に、磯から釣れるシイラは1mを超える大物が掛かることも。

そんな大物がヒットした瞬間、ドラグをフルに締めていても、とんでもないスピードでラインを出されてしまいます。

故に、中途半端なリールでは、剛性やドラグ性能が追いつかず歯が立ちません

シイラを釣るなら、それなりにスペックの高いリールを使いましょう。

シマノ(SHIMANO) 21 ツインパワー SW 6000HG 04225

価格:54,120円
(2021/5/14 07:44時点)
感想(0件)

かんぱ
かんぱ

剛性、ドラグ性能、防水仕様など必要なスペックが全てが揃ったリール。シイラの引きにも耐えてくれるでしょう。

 

磯から青物を釣る!100gクラスを駆使する為のショアジギングタックル
磯場は、堤防やサーフと比べて水深が深く、潮も激流が走ります。 その過酷な環境のおかげで、大型青物が沿岸付近を回遊するのです。 故に、磯場はどんな大物が掛かるか分からない、ロマンの詰まった釣り場と言えるでしょう。 か...

まとめ:シイラは外洋に面した場所で釣りをしよう!

シイラを釣る肝は、潮目や漂流物を探すこと!

シイラが着きそうなポイントを水飛沫を立てさせながら、狙い撃つとルアーを追いかけて来ます。

獰猛に追いかけて来ている様子は、釣り人を熱くさせてくれますので、病みつきになる事間違いなしです!

コメント