ショアジギングでのタチウオの釣り方!秘訣はメタルジグのカラー!

ショアジギング

夏の終わり〜晩秋くらいを目処に釣れ続き、エサ釣りでもルアー釣りでも大人気のタチウオ。

そんなタチウオですが、恐らくルアーでは「ワインド」と呼ばれる釣り方で狙う人が多いのではないでしょうか。

しかし、タチウオはフィッシュイーター。

ですので、メタルジグでもタチウオを狙えます!!

そこで今回は、

  • メタルジグを使ったタチウオの釣り方
  • タチウオ狙いのショアジギングタックル

をメタルジグでタチウオを釣る私が解説します。

メタルジグでタチウオを狙うメリットは、手返しの早さです。

手返しの早さを武器に、タチウオを数釣りできます。

是非とも、理解を深めて実践してみてくださいね。

 

ショアジギングでタチウオを釣る時間帯と層

朝マズメ、夕マズメにチャンスがあるのはもちろんなのですが、タチウオは夜行性の魚。

なので、夜間がメインとなるでしょう。

かんぱ
かんぱ

夜明け前なんかも最高に釣れるタイミングです♪

また、タチウオは時間帯やサイズによって層が変わる傾向にあります。

小さなサイズ(幼魚)場合、夜の間は層が浮きがちに。

逆に、日中は沖の深い場所へと移動してしまいます。

なので、

  • 夜間は「表層」狙い。
  • 日中はメタルジグで遠投し「ボトム〜中層」を。

明るい時間でも、沖のボトム付近を探ればタチウオを狙えるということなのです。

ちなみに、大きなサイズ(成魚)は今の真逆

夜は表層に浮いているイメージが強いタチウオですが、ボトムを付近を狙えばサイズUPが望めます。

かんぱ
かんぱ

釣れている層をあえて沈めると、大きなタチウオが釣れることもあります!

タチウオ釣りのメタルジグのカラー選び

タチウオは、とても色に敏感な魚。

タチウオをメタルジグで釣る場合は、非常に釣果を左右する要素となるでしょう。

タチウオを狙う時は、周囲が暗くなっている事が多いと思います。

なので、目立つ色を使う場面が多いです。

闇夜のときは、グローベースで釣りを組み立てていきます。

オールグローを使いつつも、反応が悪ければゼブラグローを投入しましょう。

かんぱ
かんぱ

夜間での釣りは、何もゼブラグローが使い物にならない言う訳ではありません

オールグローだと、メタルジグ全体が発光してしまい場合によってはタチウオに警戒心を与えてしまうことも。

部分的に発光させて自然に食わせる事ができるゼブラグローも用意しておきましょう。

 

月夜や常夜灯が水面を照らしているときは、シルバー系やゴールド系を使います。

水面に光が落ちているので、日中と同じようにジグの反射を利用しながら誘う事が可能です。

夜間でも、「闇夜」か「月夜」によって使うメタルジグのカラーが変わります。

「夜はグローカラーじゃないと釣れない」という固定観念は捨てて、様々な色で釣りに臨みましょう。

かんぱ
かんぱ

ちなみにタチウオ狙いの場合は、接続部分にスナップ使うことでメタルジグを付け替える時間を短縮できます!

時合が短いことが多いので、通常のショアジギングで使うリングを使っていると、付け替えるのに時間がかかってしまいます。

カラーを入れ替える事が多いので、タチウオ狙いなら必須!

青物を釣る場合に使うと、簡単にスナップを伸ばされてしまうのでNGなのですが・・

タチウオはヒット時の衝撃こそ強烈ですが、引きに関しては青物に劣りがちです。

かんぱ
かんぱ

ですので、スナップでも安心して使う事ができますよ♪

 

タチウオを釣る為のメタルジグのアクション

タチウオは、非常に捕食が下手です。

かんぱ
かんぱ

食い損ねることも沢山あります笑

通常のショアジギングで使う、ジャカ巻きや高速巻きなんかは、到底追いかけきれないでしょう。

なので、ゆっくりなジャークがベストです。

基本は、スローな「ワンピッチジャーク」で誘っていきます。

しかし、それで食い損ねるようなら「ハーフピッチジャーク」に切り替えていきましょう。

また、フォールの動きにも反応が良く、ジグの落ち際で当たる事が多いように感じます。

かんぱ
かんぱ

なので、メタルジグでタチウオを釣る時は、リアフック必須!

ジグを跳ね上げつつも、しっかりと食わせの間を与える事ができれば、ヒットチャンスは生まれるでしょう。

タチウオ釣りのショアジギングタックル

  • 40g前後を投げられるロッド
  • リール:2500〜3000番
  • PEライン:1号前後
  • リーダー:フロロ30LB前後

タチウオを釣る場合、それほど強いタックルは必要ありません。

かんぱ
かんぱ

リールも特にこだわる必要は無いと思います

ただ、サゴシと同様に歯がとても鋭いです。

リーダーを切られるリスクを減らすために、太めを使った方が良いかもしれません。

PEラインもそれほど多く巻いておく必要も無く、個人的には150mも巻いていれば十分かと。

 

また、タチウオ狙いは、堤防から釣りをする事が多いと思います。

かんぱ
かんぱ

足場が高い堤防では、長い10フィートクラスのロッドがおすすめ!

5本の竿を使い込んだ私が語る、おすすめのライトショアジギングロッド
今回は、タイトルの通りライトショアジギングで使うロッドを紹介していきます。 磯で釣りをするような本格的なショアジギングではないので、それほど強いロッドは不要です。 初心者の方でも手が出やすいような、安めのロッドを挙げているので是...
初期費用を抑える!ライトショアジギングにおすすめのリール
軽めのメタルジグを投げて手軽に楽しめるライトショアジギング。 そんなライトショアジギングですが、どのリールを使えば良いか、悩んでいる方もいるのではないでしょうか。 ライトショアジギングは、それほど高いリールに拘らなくても、釣りが...

まとめ:ショアジギングでタチウオを釣るには手返しとジグの色!

タチウオをメタルジグで釣るコツは、なんと言っても「カラー」。

タチウオは、その日によって効く色がバラバラです。

色が全く違うとまるっきり当たりが出ないので、様々なカラーを試していきましょう。

そして、タチウオは時合がとても短いです。

時合の時は、連発することもできますが、タイミングが過ぎてしまうと、ほとんど反応が貰えないことも。

時合の中で、反応する色を素早く探して、タチウオを連発させましょう!

 

コメント