冬でも青物は釣れる?ベイトさえいればショアジギングで狙えます!

ショアジギング

ほとんどの釣りにおいて、釣果が乏しいと言われている冬

それは、ショアジギングでも例外ではありません。

基本的に回遊魚は、冬になると水温が安定している沖の深場に移動してしまいます。

故に、岸から狙うことができる範囲に魚が回遊せず、お手上げという訳なんです。

なので、冬のショアジギングは厳しいと思われる方は多いでしょう。

しかし、工夫したり、条件が整ったりすると真冬でも青物を釣る事は出来ます。

 

そこで今回は、

  • 冬のショアジギングの攻略法

を解説していきます。

冬でもショアジギングを楽しみたい方にとっては、頭の片隅にでも入れていて損はないです。

是非、参考にしてみてください!

 

かんぱ
かんぱ

季節ごとの特徴と釣り方はこちら

ショアジギングが楽しめる時期は?季節ごとに釣れる魚とその戦略を解説
1年を通して遊べると大人気のショアジギング。 そんなショアジギングで釣果が上がりやすい時期がいつなのかご存じでしょうか? 結論から言うと夏~秋のシーズンです。 ショアジギングに限らず大半の釣りは特に秋に釣れやすくなります。...

冬にショアジギングをする場所

夏や秋の最盛期は、堤防でライトショアジギングを楽しむ事が多いと思います。

しかし、真冬の時期に最盛期と同じ場所で釣りをしていても、望みは薄いです。

それならば、どこでするの?

と言われると・・

ズバリ!外洋に面した磯場です。

磯場は、堤防と比較しても潮通しが抜群に良く、水深も深い傾向にあります。

かんぱ
かんぱ

そんな磯場だと青物が付近を回遊してくる確率が高まるでしょう。

なので、磯場ならどんな場所でも良いと言うわけではありません。

湾内や極端に水深が浅い磯場では、青物の回遊は見込みがないです。

また、地磯でも青物を釣る事はできますが、渡船を利用して沖磯に渡るのもアリでしょう。

より潮通しが良く深いので、可能性は高いです。

かんぱ
かんぱ

磯場の釣りなので、強いタックルは必須!

磯から青物を釣る!100gクラスを駆使する為のショアジギングタックル
磯場は、堤防やサーフと比べて水深が深く、潮も激流が走ります。 その過酷な環境のおかげで、大型青物が沿岸付近を回遊するのです。 故に、磯場はどんな大物が掛かるか分からない、ロマンの詰まった釣り場と言えるでしょう。 か...

冬のショアジギングのベイト

巷では、黒潮の影響を受けるエリアでないと青物を釣ることはできないと言われています。

確かに、暖流を流れる海域の方は有利ですし、実際に青物を求めて遠征する人もいるでしょう。

しかし、個人的にはわざわざ黒潮の影響を受ける地域に移動しなくても、上記で説明した場所であれば青物を狙うことはできると思います。

大事なのはベイトの存在です。

今までの感じでは、ベイトが接岸していれば、それに連られて捕食者も一緒に近づいてくるイメージでした。

実際、近所の釣具屋でも真冬2月にブリが上がったとの情報が上がっていたことも。

かんぱ
かんぱ

黒潮側ではなく、日本海側での釣果情報です

なので、ベイトの動きにも注目してみると青物の回遊に当たる確率はより高まるでしょう。

 

そして冬のベイトですが、サイズはデカイです笑

かんぱ
かんぱ

サバ、コノシロ、サンマなどが想定されます

なので、メタルジグは大きなサイズを使います。

ベイトと同じサイズのメタルジグを用意しておきましょう。

かんぱ
かんぱ

冬は、小さなメタルジグをあまり必要としないので安心♪

冬のショアジギングは時合が短い

冬のショアジギングは青物の活性が低いので、チャンスは非常に短いです。

ナブラが出ても長続きしなかったり、そもそも表層で気配が出ないという状況は多々あります。

なので、短い時合の中で「ジグの動かし方」や「カラー」、「タックル」などを色々と試行錯誤することを意識してみてください。

時合が短いので、同じことを何度も繰り返す釣り方は効率が悪くなるからです。

かんぱ
かんぱ

冬のスタイルは、少ないチャンスの中でパターンを見つけることが必勝法!

冬のショアジギングはボトムを意識

冬は主にボトム周辺を探っていきましょう。

活性が落ちた青物は、上のレンジまで餌を追いかけきれず捕食することができません。

表層に気配がないのであればメタルジグを上のレンジまでしゃくるメリットはなく、チャンスを失っていくだけ・・・

かんぱ
かんぱ

青物であろうと、低活性のときはボトムべったりになってしまいます

 

また、冬場は特にフォールを長く取るのがおすすめ。

メタルジグをシャクることで青物を追わせて、フォールの落ち際で食わせるといったイメージです。

真冬の間は、速いジャークに追いかけきれないので、フォールでゆっくりと食わせの間を作ってあげる事が重要になります。

まとめ:冬でもショアジギングで青物を釣る事は可能!

冬にショアジギングする時に大事なのは4つ。

  • 潮通しの良い外洋に面した場所
  • ベイトの有無
  • 時合には、色々試す
  • 基本ボトム狙い

特に大切なのは、「場所選び」と「ベイト」が存在するかです。

冬のショアジギングはチャンスが少なく、難易度が高いのは事実。

冬に釣果を上げるには、場所の見極めや状況判断が最も大事だと思います。

 

コメント