釣果が伸び悩む方へ!「チニングで釣れない人」の6の特徴を解説!

チニング

チニングやってるけど、釣れない・・

かんぱ
かんぱ

こんな悩みにお答えします!

本来、スキルの差で釣果が左右されるフカセ釣りとは違い、チニングは初心者でもチヌを釣る事は可能です。

しかし、何度もチニングをしているのに、チヌが釣れないと途中で投げ出したくなりますよね。

そこで今回は、

  • チニングで釣れない人の特徴
  • チニングで釣果を伸ばす方法

を解説していきます。

チヌは、河口や上流の汽水域でもある程度個体数はいるはずです。

釣れない原因を突き止めれば、必ずチヌを釣る事ができますので最後までご覧ください!

チニングで釣れない人の特徴1:時期が悪い

チニングは一年を通して遊べる釣りです。

ですが、「晩秋〜冬」にかけてはチヌの活性は低い傾向にあります。

かんぱ
かんぱ

特に、晩秋はサイズが小さくなったり、個体数が少なくなったりと難しくなってしまいます

手堅い釣果を望むなら、「春」「夏」のシーズンで釣りをしましょう!

春先は活性が低い印象がありますが、乗っ込みの時期です。

エサを荒食いする時期なので、40cm台の大型が連発する事も珍しくありません。

また、夏の時期はこちらから合わせを入れなくても、針掛かりするほど活性が高いです。

なので、まずは最盛期で釣りをすることをおすすめします。

チニングが楽しめる時期はいつ?シーズンごとの特徴や釣り方を解説!
遠くまで海に出向かなくても、近所の河口で手軽に大物が狙えるチニング。 そんなチニングが釣果が上がりやすいシーズンがいつなのかご存知でしょうか? 結論から言うと、一年中狙うことができます。 しかし、それぞれのシーズンによって...

チニングで釣れない人の特徴2:ルアーの色が常に一緒

ワームやジグヘッドの色は、頻繁に変えましょう。

自身も最初はルアーの色なんか気にせず、同じ色ばかり使っていました。

かんぱ
かんぱ

夜釣りだったので、いちいちルアーを変えるのが面倒だったというのもありますが・・

しかし、色々なカラーを試す方が圧倒的に釣れる可能性は高まります!

 

 

仮に、最初の何投かでチヌを赤色のルアーで1枚釣ったとしましょう。

その時にチヌを釣った時のカラーが、赤色だったからと言って、

今日は、赤色が効きそうだから終始同じカラーで攻めよう!

・・などと思ってはいけません!

カラーに敏感なチヌに、同じ色ばかり見せてしまうとスレてしまうのです。

かんぱ
かんぱ

赤色で反応があるなら、似た色のピンクを投入するなどして変化をつけてあげる事が重要!

ですので、スレるのを防ぐためにも、同じ色を使い続けることは控えましょう。

チニングで釣れない人の特徴3:使うジグヘッドが重い

アタリが出ない状況では、軽いジグヘッドを使うとチヌから反応をもらえる事はザラにあります。

例えば、7g → 6gに変更するなどです。

もしかしたら、

そんな、ちょっとの差で何が変わるの?

と思われるかもしれません。

しかし、これはエサ釣りの話ですが・・

魚が釣れない渋い状況で、釣り針のサイズを数ミリ変えるだけでも、反応が全く変わることもあるようです。

かんぱ
かんぱ

それだけ、魚は少しの変化にも敏感なことがわかりますよね

とは言え、ズル引きは必ずボトムからルアーを浮かせてはいけません。

軽いルアーを使う事が難しい場面も多いと思うので、ギリギリの調整が必要になります。

チニングで釣れない人の特徴4:釣り方が終始同じ

色や重さを変化させて、色々試したけどダメ・・

という場面に直面することもあると思います。

そんなときは、釣り方を丸っきり変えてみましょう。

例えば、

  • ズル引き(低活性狙い) → ボトムワインド(高活性狙い)
  • トップウォーター(表層の釣り) → ズル引き(底の釣り)

とにかく釣果を優先したい人は、わざわざ反応がない釣り方に拘る必要はないと思います。

状況に合わせて釣り方も臨機応変に変えていきましょう。

チニングで釣れない人の特徴5:同じ場所で釣りを続けている

チヌは回遊魚とは違って、それほど大きく移動したりすることはありません。

かんぱ
かんぱ

まあ、夜間はそれなりに遊泳しているかもしれませんが・・

なので、一箇所で粘ると釣れる確率は低くなります。

ランガンを繰り返し、色々なポイントにルアーを投入してあげましょう。

 

また、同じポイントで釣り続けないことで、チヌがルアーを見切りにくくなります。

かんぱ
かんぱ

同じポイントで投げ続けると、近くにいたチヌが何度もルアーを見ることになりますよね

慎重で警戒心が高いチヌが不審に思ってしまうので、尚更ランガンが重要なのです。

チニングで釣れない人の特徴6:夜間に釣りをしていない

タックルや釣り方が発展したおかげで、日中でもチヌを狙えるようにはなりました。

しかし、本来チヌは夜行性の魚。

なので当然、昼間よりも夜間の方が釣りやすいです。

かんぱ
かんぱ

夜釣りなら、警戒心も和らいでいるので食わせやすい傾向にあります♪

今まで、日中で釣れなかったという人は、夜釣りをメインに切り替えるのも一つの手でしょう。

 

また、冬のチニングは日中に釣りをするには、難易度が高いです。

冬の夜釣りは気温が落ちて、なおさら食わないだろう

と思われるかもしれませんが、冬にこそ夜釣りの方が釣果に恵まれやすいでしょう。

かんぱ
かんぱ

活性が低いシーズンなら特に夜釣りがおすすめです♪

 

まとめ:チニングで釣果を上げる為には色々試すこと!

チヌは回遊魚とは違い、一定数は釣り場に居着いています。

なので、あとはそのチヌを釣るのみ!

チヌの反応を窺い、試行錯誤しながら釣れない原因を見つけていきましょう。

コメント