ズル引きをメインにチヌを釣る私がおすすめするチニングタックル!

チニング
今回はタイトルの通りズル引きのタックルについて解説していきます。

 

そこで本記事では

  • ズル引き向けのおすすめチニングロッド
  • チニングで使うおすすめのリール

を中心に解説します。

自身は、チニングおいては極力費用を抑えて釣りを楽しみたいスタイルなので、極端に高い釣具は紹介しません!

かんぱ
かんぱ

人によって「高い」「安い」の感覚は違うと思いますが・・

最低限のスペックを持っていて、尚且つ安めのチニングタックルを挙げてみたので、最後までご覧ください!

タックル1:おすすめのチニングロッド

 

クロステージ黒鯛CRX-S782

メジャークラフト「三代目」クロステージ/【CRX-S782ML黒鯛】黒鯛シリーズ【ソリッドティップスピニングモデル】【大型宅配便】

価格:11,187円
(2021/5/28 20:15時点)
感想(0件)

具体的なスペックはこちら

  • ロッドの長さ:7.8フィート
  • ルアーウエイト:2g~15g
  • ティップ:ソリッドティップ
  • 硬さ ML

メジャークラフトのロッドなので、やはり値段は安めです。

かんぱ
かんぱ

1万円前後くらいです

CRX-S782の最大の特徴は、ソリッドティップであること。

ソリッドティップは、2つの恩恵を受けます。

1つが、ズル引いた時ボトムの「ゴツゴツ感」が分かりやすく、形状を把握しやすいということ。

ズル引きチニングにおいて、ボトムの感覚を感じ取ることはとても重要になります。

「ゴツゴツ感」があやふやでは、ワームが底から浮いたまま、気づかずにリールを巻いてしまっている事もあるからです。

かんぱ
かんぱ

ワームが浮いたまま巻いていると、食ってこないので専用ロッドを使って感覚を掴みましょう

さらに、ボトムの感覚が分かりずらいと、根がかりに気づかず回避が難しくなります。

ソリッドティップであれば、根がかりをしてしまいそうな感覚が手元にしっかりと伝わるので、回避しやすくなるという訳です。

かんぱ
かんぱ

ちなみに、根がかりの回避方法は、根がかりしそうな直前でロッドを煽ると外れます!

かんぱ
かんぱ

ソリッドティップなら、根がかりを避けつつ大きなチヌを釣る事ができます

 

そして2つ目が、チヌの活性が低いときでもアタリが繊細に伝わり、フッキングをさせやすいということ。

かんぱ
かんぱ

ソリッドティップは穂先が柔らかく、チヌの硬い口にも食い込みやすいのです♪

通常であれば、「チューブラ」でも針掛かりしますし、高活性であれば勝手に向こう合わせでヒットしてくれます。

かんぱ
かんぱ

夕マズメに釣った45cmのクロダイ。

夕マズメなど活性が高ければ、向こう合わせで掛かります笑

しかし、活性が低いときなんかは「チューブラ」では、アタリを弾いてしまいがちに・・

そこをしっかりと食わせる事ができるのが、ソリッドティップの強みでしょう。

 

ただ、気になった点が1つありました。

食い込みやすさ故に、根がかりしやすいという点です。

確かにソリッドティップは、ボトムの形状を把握しやすいので根がかりしてしまう前に回避はしやすいのですが・・

一度、根がかりしてしまうと深く食い込んでしまうので、外すのが難しくなってしまいます。

かんぱ
かんぱ

なので、根がかると結構イラッとしてしまうんですよね笑

 

とはいえ、ボトムのズル引きにおいて、上記2つのメリットを兼ね備えるこのチニングロッドは非常に優秀だと思います。

他にも、幅広い重さ(2g~15g)を投げることもできますし、50cm弱くらいのチヌを釣り上げた経験からロッドパワーも信頼して良さそうです。

なので、まずは「クロステージ黒鯛CRX-S782」から使ってみるのをおすすめします♪

タックル2:おすすめのチニングリール

最初のうちはスピニングリールがおすすめ!

価格は5,000円~10,000円くらいのスペックがあれば、特に問題なくチニングを楽しむことができるでしょう。

18レガリスLT2000S

 

おおよそ本体価格が1万円のコスパの優れたリール。

LTなのでかなり軽量化されており、ドラグ性能も優れているリールです。

故に大きなチヌが掛かっても、安心してやり取りできます。

かんぱ
かんぱ

チヌは引きが強いので、ドラグ性能が優れたリールを使いましょう

 

EMMS2506

【ダイワ】2016 EM MS 2506【4960652077408】

価格:15,759円
(2021/5/28 22:13時点)
感想(0件)

レガリスと比較すると、少し値が張りますがスペック重視ならこちらがおすすめ!

「軽さ」「ドラグ性能」のスペックはもちろん、マグシールド機能が付いているので傷みにくいです。

かんぱ
かんぱ

無茶に使わなければ寿命は長いです!

また、巻き心地が良く、スムーズに巻くことができるので、ボトムの「ゴツゴツ感」も手元に伝わりやすいでしょう。

チニングタックルに求められる要素

 

ロッドの基本要素

  • ロッドの長さ:7~8フィート前後
  • ルアーウエイト:10g前後
  • 硬さ:L~ML

チニングは飛距離をそれほど必要としません。

なので、扱いやすさを優先して短めの「7~8フィート」辺りを選ぶと丁度良いでしょう。

そして、ルアーウエイトですが、河口など浅いエリアで釣ることが多いチニングでは10gまでが投げられるロッドで十分です。(硬さとしてはLクラス)

ただ、冬の時期は15g辺りが欲しいところ。

かんぱ
かんぱ

冬でもチニングをするという人なら、15gくらいまでが投げられるMLクラスの硬さを選びましょう

リールの基本要素

スピニングリールの場合、

  • 番手:2000〜2500番
  • ギア比:ノーマル
  • 使うPEライン:0.4号~0.8号

上記が当てはまるリールを選びましょう。

 

ギア比がノーマルの理由は、巻き取り量が少ない為ワームをゆっくりとズル引く事ができるからです。

巻き取り量が多いとスピードが速くなってしまうので、チヌに食わせるチャンスが減ってしまいます。

かんぱ
かんぱ

特に夜間は、チヌが速い動きに追いきれません

なので、ズル引きのチニングではボトムを丁寧に攻められるノーマルギアに軍配が上がります。

 

ちなみに、糸巻量はメインラインを100m巻ければ十分です。

それほど遠投する必要もありませんし、水深も浅い場所がメインなので多く巻かなくても構いません。

かんぱ
かんぱ

個人的には、ライントラブルや摩耗した箇所をカットする事が多いので、150m巻いています

まとめ:予算にあったチニングタックルを揃えよう

チニングは、それほど費用をかけなくても楽しめる釣りです。

今回紹介したタックルであれば、ロッドとリールで2万円くらいには抑えられると思います。

予算と相談して、自分に合ったタックルを揃えて、チニングを楽しんでみてください。

コメント