【チニング】手っ取り早くチヌを釣るならズル引き!釣り方やポイントを解説

チニング

今回はタイトルの通り、ズル引きでのチニングを解説していきます。

チニングには色々な釣り方があります。

その中でも、ズル引きは一番オーソドックスな釣り方です。

かんぱ
かんぱ

なので、初心者の方でも始めやすい釣り方!

本記事では、ズル引きでチヌを釣る為に

  • ズル引きの方法
  • ズル引きによるチニングの特徴
  • ズル引きのタックル

を解説します。

ズル引きのチニングでは、大きなサイズも数釣りも可能です!

基礎から理解すれば、数日でチヌを釣り上げることもできるので、是非とも参考にしてみてください。

ズル引きでのチニングの釣り方

手順は以下の通り!

  1. ワームを投げる
  2. 着水後、ボトムを取る
  3. ボトムからワームを浮かせないようにズル引く

これだけです。

1~3の流れを押さえるだけでOKなのです!

なので、ズル引きは敷居は低い釣りだと思います。

ただ、大事なポイントが一つ。

ズル引きのチニングは、ワームがボトムから浮かないようにズル引くことが肝心です。

動かしていくワームは、底を歩くカニやシャコを装っています。

なので、浮いてしまっては警戒されるのは当然です。

 

底をズル引くだけなんて、簡単じゃん!

と思われるかもしれませんが、慣れるまでは意外と感覚が掴みづらいです。

コツとしては、巻いてくるときにボトムを引く「ゴツゴツ感」が手元に伝わってくればOK!

ちゃんとワームが浮かずにズル引けている証拠です。

かんぱ
かんぱ

まずは、「ゴツゴツ感」を感じる事を意識しながら、巻いてみてください。

ズル引きで攻略するチニングの時間帯

ズル引きでチヌを狙う場合、日中と夜間で動かし方が変わります。

日中と夜間で同じようにズル引くと、思うように釣果に恵まれません。

日中

日中にズル引きで狙う場合は、速めに巻くことを意識しましょう。

明るいので、スピードが遅いと見切られてしまう傾向にあるようです。

もしかしたら、

速く巻くってどのくらい?

と思われる方もいるかもしれません。

その日の状況によっても、まちまちですが・・

高活性なら、ボトムから浮いてしまいそうなくらいギリギリのスピードで巻いても、しつこく追いかけてきた事もありました。

かんぱ
かんぱ

いくら速くと言っても、ボトムからワームを浮かせるのは絶対にNG!

なので、活性がピークに達している時は、速く見せて反射的に食わせるイメージでいきましょう。

速いスピードで当たらなければ、徐々にスピードを落として調整してみて下さいね♪

かんぱ
かんぱ

夕マズメにズル引きでヒットしたクロダイ。活性が高い時はかなり速めでも食いついてきます!

 

ちなみに、日中は「ズル引き」よりも「ボトムワインド」の方が反応が良いことが多いです。

非常に面白い釣りなので、ボトムワインドもお試しあれ!

身近で気軽に大物釣りをするならボトムワインド!チニングにも使えます!
気軽に釣りがしたい 釣りに行きたいけど、場所が遠い・・ 手短に強い引きを味わいたい! こんな悩みを抱えている方、いらっしゃいま...

夜間

夜間は、日中と逆という認識でOK!

遅く巻くことを意識していきましょう。

しかし、チヌの活性が高ければ、夜間でも割と速めで当たってきます。

なので自身の場合、釣り始めはそれなりに速くズル引くようにしています。

かんぱ
かんぱ

速めに巻く事で、手返しよく釣りができます!

しかし、基本的には夜釣りは遅く巻くもの。

速めで反応がなければ、徐々に遅く巻いていきます。

そして、反応がもらえた時のスピードがその日のパターンなのです。

かんぱ
かんぱ

アタリがもらえた時のスピードを頼りに、次の釣りを展開しましょう

 

また、夜間は巻いているリールを時折止めるのも有効!

かんぱ
かんぱ

止めておく時間は3~5秒くらい

自身の体感で8割くらいは、ステイ(巻くのを止めておく)させたワームを再び動かし始めた瞬間にアタリが出ます。

巻き続けるのではなく、頻繁にワームを止めて食わせの間を与えましょう。

ズル引きでのチニングが成立する場所

よく言わているのが

  • チヌが身を隠せる障害物がある場所
  • 根がかりをするような場所

チヌが居着きやすいと言われています。

しかし、自身はほとんど根がかりしない場所でチニングをしますが・・

普通に釣れます笑

最盛期には2時間使って、40cmクラスを5匹ほど釣った事も。

かんぱ
かんぱ

障害物がない場所でも、ある程度の個体数はいるようです

なので、執拗に障害物のある場所」に拘る必要はないのかなと思います。

障害物のある場所は、根がかりのリスクも高まりますしね笑

ただ、地質が泥など極端に柔らかい場所は、あまりアタらないように感じます。

ズル引いた時の感覚が、コツコツと感じられるような場所を積極的に探っていきましょう。

かんぱ
かんぱ

貝殻や小石などが散らばっているボトムは、ヒット率が高いイメージです♪

ズル引きのチニングタックル

  • ロッド 7フィート前後
  • リール 2500番
  • PEライン 0.4号〜0.8号
  • リーダー フロロ12lb〜16lb
  • ジグヘッド 3.5g〜10g

柔らかめであれば、他ロッドを流用できそうです。

しかし、ズル引きの釣りでは、「ボトムを引く時のゴツゴツ感」「チヌの繊細なアタリ」を感じ取るには専用ロッドでないと難しいでしょう。

本格的にチヌを釣りたいなら、チニングロッドをおすすめします。

 

ズル引きをメインにチヌを釣る私がおすすめするチニングタックル!
今回はタイトルの通りズル引きのタックルについて解説していきます。 そこで本記事では ズル引き向けのおすすめチニングロッド チニングで使うおすすめのリール を中心に解説します。 自身は...

まとめ ズル引きのチニングはボトムから浮かせない

色々テクニックはありますが、一番大事なのは引いてくるワームを浮かせないこと!

浮いたまま巻いていると、チヌは食いついてきません。

しっかりと「ゴツゴツ感」を感じることを意識しましょう。

また、そのゴツゴツ感を感じ取る為には、専用ロッドが圧倒的に有利です。

専用ロッドを使ってチヌを一網打尽にしてみて下さい!

コメント